ホーム » お知らせ » 第28回特別企画展「熊楠のシダ植物研究~江戸園芸から近代植物学へ~」

第28回特別企画展「熊楠のシダ植物研究~江戸園芸から近代植物学へ~」

南方熊楠はキノコや変形菌(粘菌)で有名ですが、シダ植物への関心も高く、アメリカ・アナーバーや那智で多数を採集し、現在も約800点の標本が残されています。本展では、熊楠の作製したシダ標本、江戸期の珍品を集めた図鑑である『松葉蘭譜』、アメリカ時代に購入した古生代の大型シダ・リンボクの化石、イチョウ精子の発見者として有名な平瀬作五郎とのマツバラン研究などを紹介することで、熊楠とシダの関係性に迫っていきます。

■会期■
2020年7月18日(土)~9月20日(日)

■内容■
熊楠と和歌山のシダ植物
平瀬作五郎とのマツバラン研究
『松葉蘭譜』と田辺の園芸愛好家たち
化石から見る陸上植物の起源
シダから生まれる子羊の伝説
熊楠の自然保護とシダ

■展示担当■
志村真幸(慶應義塾大学非常勤講師)
土永知子(南方熊楠顕彰会学術部委員)
土永浩史(南紀生物同好会役員)
郷間秀夫(栃木県農業大学校教授)

■展示協力■
大阪市立自然史博物館
滋賀県立彦根東高等学校
福井県教育総合研究所教育博物館
(公財)南方熊楠記念館