ホーム » minakata の投稿

作者アーカイブ: minakata

特別企画展連動展示「『犬からみた人類史』紀州編」

南方熊楠顕彰館では、第27回特別企画展「熊楠の庭」と連動して、「『犬からみた人類史』紀州編」展を開催中です。
世界中の犬の写真や、熊楠による犬のスケッチをたくさん展示しています。
特別企画展とあわせて、ぜひご覧ください。

◇会期◇
   2020年3月20日(金・祝)~5月6日(水・休)

◇展示担当◇
   大石 高典(東京外国語大学准教授)
   志村 真幸(慶応義塾大学非常勤講師)

◇展示内容◇
   先住民と犬
   アジアの犬
   熱帯林の犬
   ヨーロッパの犬
   日本の犬
   熊楠の犬

※なお、3月21日(土)に予定していた関連イベント【熊楠をもっと知ろう!シリーズ第47回講演会「犬からみた人類史:紀州編-熊楠日記から読み解く犬の近現代史」】は、コロナウイルス感染拡大防止のため中止させていただきます。

第30回南方熊楠賞授賞式のご案内

南方熊楠賞は、国内外を問わず翁の研究対象であった民俗学的分野、博物学的分野の研究に顕著な業績のあった研究者に賞をお贈りしております。
今回は、人文部門からの受賞者選考となり、立命館大学歴史都市防災研究所客員研究員の北原 糸子(きたはら いとこ)氏に決定いたしました。
来る5月9日(土)、紀南文化会館において、第30回南方熊楠賞授賞式を開催いたします。
つきましては、授賞式へのご参加をご希望される方は、下記までお申し込みください。
後日入場チケットをお渡しいたします。なお、定員になり次第締め切りますので、予めご了承ください。

■授賞式
【日時】2020年5月9日(土) 開場:13時 開演:13時30分
【会場】紀南文化会館4階 小ホール
【定員】200名
【記念講演】
『東日本大震災―死と生と―』
講師:南方熊楠賞受賞者 北原 糸子 氏

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今後の状況によっては変更となる可能性がございます。
※例年授賞式後に顕彰館で開催している記念パーティーにつきましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止させていただきます。

■お申し込み・お問い合わせ
南方熊楠顕彰館
TEL:0739-26-9909
E-Mail:minakata@mb.aikis.or.jp

第27回特別企画展 「熊楠の庭」

会 期:2020年3月20日(金・祝)~5月6日(水・休)
講演会:4月29日(水・祝)

※当初、3月21日(土)に予定していた関連イベント【熊楠をもっと知ろう!シリーズ第47回講演会「犬からみた人類史:紀州編-熊楠日記から読み解く犬の近現代史」】は、コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となりました。なお、この講演会にちなんだ犬の写真展示については、予定どおり行います。

 

 

登録有形文化財「旧南方家住宅」(南方熊楠邸)は、南方熊楠が1916(大正5)年から亡くなるまでの25年間を過ごした邸宅です。敷地内の広い庭は、熊楠にとって重要な植栽、観察研究の場でありました。本展示では、庭にまつわる記述や論考、エピソード、写真等をもとに、改めて「熊楠の庭」を振り返ります。

■展示内容
 熊楠の庭について
 日記に見る庭
 写真に見る庭
 庭のパノラマ写真

 熊楠の庭カレンダー
 
庭の植物
 日照権
 庭に関する論考
 庭の生き物
 庭で採れたキノコ
 熊楠の動画

■展示担当
 岩崎  仁(南方熊楠顕彰会理事)
 土永 知子(南方熊楠顕彰会学術部委員)
 平川恵実子(四国大学・鳴門教育大学非常勤講師)

■主な展示資料
 国立科学博物館蔵…南方熊楠菌類図譜
 南方熊楠顕彰館蔵…熊楠日記、熊楠写真

■講演会(聴講無料、申込不要)
 熊楠をもっと知ろう!シリーズ第48回
 講演会「熊楠の庭」
 日 時:2020年4月29日(水・祝) 14:00~16:00
 司 会:志村 真幸(慶応義塾大学非常勤講師)
 講 師:岩崎  仁(南方熊楠顕彰会理事)
     土永 知子(南方熊楠顕彰会学術部委員)
     志村 真幸(慶応義塾大学非常勤講師)
     平川恵実子(四国大学・鳴門教育大学非常勤講師)

くまぐす募金のお願い

くまぐす募金にご協力をお願いします。

今年、第30回を迎える「南方熊楠賞」。この賞は、翁の業績を讃える皆様方からの浄財等を積み立てた基金により運営しています。しかしながら、その貴重な財源は近年中の枯渇が予想されたため、「くまぐす募金委員会」を組織し、活動期間を平成29年4月1日から令和2年3月31日までの3年間として、田辺市南方熊楠翁顕彰基金寄附金(通称:くまぐす募金)を広く募ってまいりました。

これまでも十二分にご支援、ご協力をいただいていることは承知の上ではございますが、活動期間も残すところ、あとひと月になり、今一度、重ねての寄附金へのご協力をお願い申し上げます。

なお、個人の皆さまは、今年に入って初めてのご寄附の場合、あらためて次年度の税制上の優遇措置を適用することができます。
また、法人の皆さまには、寄附金を全額損金算入できる優遇措置が設けられております。

どうか、今後も翁の名を冠する学術賞として全国的に高い評価をいただいている「南方熊楠賞」の運営継続を確かなものとするため、さらなるご協力にご賛同いただけますようご案内申し上げます。

くわしくは こちら から、もしくは南方熊楠顕彰館まで、お問い合わせください。

第55回月例展ギャラリートークの中止について

2020年2月29日(土)16時、3月1日(日)11時及び13時に開催予定の第55回月例展ギャラリートークにつきましては、和歌山県内で新型コロナウイルス感染者が確認される中、参加者の健康と安全を最優先に考慮し、中止させていただくことになりました。

なお、第55回月例展「今井三子」につきましては、予定通り3月8日(日)まで開催いたします。