ホーム » お知らせ

お知らせ」カテゴリーアーカイブ

関連イベント ジャパニーズ・エコロジー 南方熊楠ゆかりの地を歩く(学びの杜ののいち カレード)



ジャパニーズ・エコロジー 南方熊楠ゆかりの地を歩く(学びの杜ののいち カレード)

日時:2019年2月17日(日曜日)14時~16時(開場:13時30分)
会場:学びの杜ののいち カレード 市民展示室
主催:学びの杜ののいち カレード
特別協力:南方熊楠顕彰館(田辺市)
企画協力:一般社団法人CEPAジャパン
後援:北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、金沢ケーブルテレビネット、FM-N1、エフエム石川、ラジオかなざわ・こまつ・ななお
お問い合わせ:学びの杜ののいち カレード 076‐248-8099

150年前に生まれた南方熊楠(みなかたくまぐす・1867-1941)は、明治の時代に海外遊学し、博物学、生物学、民俗学の智の巨人となりました。
熊楠はどんなメッセージを私たちに残してくれたのでしょう。
柳田國男によって編まれた『南方二書』を紐解いて、熊楠の思考と宇宙観、そして自然との共生や文化の多様性を目指した現代に通じるジャパニーズ・エコロジーを学びます。
さらに、世界遺産や国の名勝「南方曼陀羅の風景地」となった熊楠ゆかりの地の歩き方を写真とともに語ります。

第一部:講演「新しい南方熊楠の姿『南方二書』を改めて読む」
講師:田村義也(南方熊楠顕彰会学術部長)

第二部:トーク「ジャパニーズ・エコロジー 南方熊楠ゆかりの地を歩く」
講師:田村義也(南方熊楠顕彰会学術部長)
大竹哲夫(南方熊楠顕彰会事業部委員・み熊野ねっと)
水野雅弘(株式会社TREE代表取締役・一般社団法人CEPAジャパン)
川廷昌弘(公益社団法人日本写真家協会・一般社団法人CEPAジャパン)

関連展示
期間:2019年2月2日(土)~2月24日(日)
会場:学びの杜ののいち カレード オープンギャラリー
時間:9時~22時
休館日:水曜日
料金:無料

詳細はこちらをご覧ください。

関連イベント「熊楠と猫展 in 山梨」開催のお知らせ



「熊楠と猫展 in 山梨」
2018年4月に発売された『熊楠と猫』(共和国)。
6月には東京・高円寺のギャラリーにてパネル展が開催されましたが、今回は山梨県甲斐市の敷島書房にて開催されます!
熊楠が手紙などに描いた猫のイラストや、俳句・日記などに書きつけた猫の姿、そして熊楠と山梨に関連する話題などをパネルで会場内に展示いたします。
さらには扇子や絵はがきなどのグッズ・関連書籍の販売など、見どころいっぱい!
※南方熊楠顕彰館オリジナルグッズ(手ぬぐい・扇子・マスキングテープ・ポストカード等)や書籍(熊楠研究等)も販売されます。

期間:2018年12月25日(火)~2019年2月28日(木)
時間:10時~20時(入場無料)※元日は休業
会場:敷島書房(山梨県甲斐市中下条660)
電話:055-277-2110
◎JR甲府駅南口よりバスで30分(「敷島西町」下車)
◎JR竜王駅南口より車で10分

後援:南方熊楠顕彰会
協力:(株)共和国

年末年始の休館日について

年末年始の休館日についてご案内します。
12月24日 定例休館日
12月25日 定例休館日
12月26日 開館
12月27日 開館
12月28日~1月4日 定例休館日
1月5日 開館
1月6日 開館
1月7日 定例休館日

【終了しました】企画展「新春吉例「十二支考」輪読-猪に関する民俗と伝説-」


 

今回は2019年を迎えるにあたり、十二支考「猪に関する民俗と伝説」を取り上げます。
「十二支考」は大正期に執筆された十二支の動物の民俗や伝説を扱った論考群のことで、南方熊楠の代表的な著作として知られます。
1914(大正3)年に総合雑誌『太陽』(博文館)に〈虎〉に関する論考が発表されて以来、毎年掲載されましたが、同誌への掲載が最後となったのが、今回取り上げる1923(大正12)年の〈猪〉の論考です。
本展示企画担当者は、亥年生まれという条件の下、説話学者、民俗学者、蘚苔類学者、菌類学者で編成いたしました。
展示では人文科学と自然科学の両分野、それぞれの専門の立場から多角的に内容を読み解いていきます。

◆会期
2018年12月1日(土)~2019年1月13日(日)

◆展示内容
・はじめに
・十二支考〈猪〉執筆の頃の南方熊楠
・猪の文学史-説話と絵巻から
・猪の民俗
・南方熊楠と猪の研究
・茅の芽と蕨
・南方熊楠とトリュフ
・南方熊楠が記録した地下生菌

◆展示担当
小峯和明(立教大学名誉教授)
土永浩史(和歌山県立神島高等学校教諭)
折原貴道(神奈川県立生命の星・地球博物館学芸員)
加藤秀雄(成城大学民俗学研究所研究員)
杉山和也(青山学院大学大学院博士後期課程)

◆講演会
熊楠をもっと知ろう!シリーズ第42回
「恭賀亥年!古今東西、亥と菌の話-十二支考〈猪〉を中心に-」
小峯和明、折原貴道、加藤秀雄、杉山和也
日時:2019年1月5日(土)14:00~
会場:南方熊楠顕彰館 学習室
定員:60名(申込不要)/聴講無料

【終了しました】【関連】シンポジウム「100年後の視点から見た熊楠」in 京都工芸繊維大学

京都工芸繊維大学 美術工芸資料館 展示「南方熊楠 ~人、情報、自然」(12/17~2/23)開催中の12月22日㊏にシンポジウム「100年後の視点から見た熊楠」が開催されます。
是非ご参加ください。

「南方熊楠 人、情報、自然」
日時:2018年12月22日㊏ 13:30~15:30
会場:京都工芸繊維大学 60周年記念館1階記念ホール
内容:講演
「科博展示に見る熊楠」 岩崎 仁(京都工芸繊維大学 環境科学センター 准教授)
「ナチュラリスト南方熊楠」 田村義也(南方熊楠顕彰会 学術部長)
討論会
「情報と熊楠」
桝田 秀夫(京都工芸繊維大学 情報科学センター長)
細矢 剛(国立科学博物館 植物研究部 菌類・藻類研究グループ長)
田村 義也
司会:岩崎 仁

申込不要、入館無料

第42回 南方を訪ねて
※翌日の12/23㊐には「第42回 南方を訪ねて in 京都・高山寺」を開催し、栂尾山高山寺をたずね、高山寺所蔵の土宜法龍宛南方熊楠書簡を見せていただきます。
こちらは
お申し込みはこちら