ホーム » 刊行物のご案内 » 熊楠研究 第12号

熊楠研究 第12号

熊楠研究12

 

●第12号 (2018年3月発行 A5判 255ページ)

Ⅰ 特集 「燕石考」をどう読むか
南方曼荼羅論再考-燕石考に「名」を読み取る  大和茂之
スワローストーンに至る諸多の因果の筋道-「燕石考」研究におけるパラダイム転換-  中西須美
南方熊楠の学問の方法と「燕石考」-MillとBainの論理学から学んだこと-  嶋本隆光
南方熊楠「燕石考」英文自筆草稿:新校訂英語原文および校異  田村義也・中西須美・松居竜五

Ⅱ 論文
南方熊楠及び柳田国男と「鎮守の森」-森神と神社合祀-  武内善信
和歌山県行幸記念自然博物館について  大和茂之

Ⅲ 研究ノート
紀州本草学者と南方熊楠-本草学史上の学統  郷間秀夫
南方熊楠と『民富邇言』-アメリカ滞在中のスペンサー関連資料として  𥱋瀬ペーテル

Ⅳ 資料紹介
南方熊楠書簡資料 野田浦弼、土屋栄吉(昭和三~十六年)  田村義也・岸本昌也
海外メディアが見た南方熊楠  𥱋瀬ペーテル
南方熊楠顕彰館に寄贈された小畔四郎収集資料-主に変形菌関係文献と解題  矢野倫子

Ⅴ 書評
志村真幸『日本犬の誕生-純血と選別の日本近代史』  岩野公美
《ご購入方法》