バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第26回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
研究奨励事業
助成研究決定(H24)
助成研究決定(H23)
助成研究決定(H22)
助成研究決定(H21)
助成研究決定(H20)
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H28年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(7月)(8月)(9月)
=休館日
南方熊楠賞
南方熊楠賞について
 南方熊楠翁は慶応3年4月15日(1867年5月18日)和歌山市に生まれ、幼時より天才の名をほしいままにし、東京大学予備門(現東京大学)に入学、2年後退学渡航、米国各地を彷徨、高等植物から菌類・地衣類まで、さまざまな植物を採集、後英国に渡り大英博物館に迎えられ、「ネイチャー」「ノーツ・アンド・クエリーズ」に多くの論考を発表、その学識の深さは古今東西にわたり碩学の名をほしいままにする。
 明治33(1900)年帰国、明治37(1904)年より田辺に居を定め、雑誌・新聞への投稿、変形菌(粘菌)・菌類を主とした植物の研究に没頭するとともに、エコロギー(エコロジー=生態学)という言葉を使い、明治政府が推進した神社合祀に反対するなど自然保護に尽力した。
 民俗学分野では、日本民俗学の父といわれた柳田国男氏をして「日本人の可能性の極限」と言わしめ、その学殖の豊かさから、様々な質問を受け、回答したものが往復書簡集として発行されている。
 植物学分野では、新種の変形菌を多数発見し、自宅の柿の木で発見した新属新種の変形菌(粘菌)は、ミナカタの名を冠せられた。また、高等植物、コケ類、地衣類、藻類、菌類、変形菌類合わせて3万点以上の標本を残した。
 昭和4(1929)年、昭和天皇を神島に迎え進講、昭和16(1941)年永眠した。

 田辺市と南方熊楠邸保存顕彰会(現:南方熊楠顕彰会)では、翁没後50周年記念事業を計画、種々様々な顕彰事業を実施してきた。
 平成2年10月20日、南方熊楠翁没後50周年記念式典を開催し、市民の誇りとして翁の偉業を称え「南方熊楠賞」を制定した。
 この賞は、国内外を問わず翁の研究対象であった民俗学的分野、博物学的分野の研究に顕著な業績のあった研究者に贈り、また特別賞として翁の研究に顕著な業績のあった研究者に、それぞれ賞状及びトロフィー(故 建畠覚造氏制作)並びに副賞(本賞 100万円、特別賞 50万円)を贈るもので、表彰は、例年、年一研究者とし、人文部門、自然科学部門から交互に選考をするものである。

【HOME】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED