バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース2月NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
研究奨励事業
助成研究決定(H24)
助成研究決定(H23)
助成研究決定(H22)
助成研究決定(H21)
助成研究決定(H20)
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H28年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(1月)(2月)(3月)
=休館日
南方熊楠賞
過去歴代南方熊楠賞受賞者一覧
第1回南方熊楠賞(人文の部)
バーバラ・ルーシュ 氏
 日本中世の主要な問題点を再検討し、日本文化を創造した人々の活動を実証的に新たな視角から解明した。
第1回南方熊楠賞(自然科学の部)
故 神谷 宣郎 氏
 戦前、日本では細胞を生きたまま扱うことがほとんどできなかった時代に、粘菌を活用し、極めて独創的な方法で原形質流動の分子機構を明らかにした。
第2回南方熊楠賞(人文の部)
故 谷川 健一 氏
 長年在野にあって研究を継続、民衆文化へ目を向け、柳田国男、折口信夫などの民俗学の成果と課題を多角的、総合的に研究。熊楠翁の視点にも論究した。民衆文化への視点を持ちながら、沖縄文化との比較研究をおこなった。
第3回南方熊楠賞(自然科学の部)
故 椿 啓介 氏
 真菌類の研究で知られ、特に不完全菌類の研究に深く、その雑多な形質の中で分生子(胞子)形成様式という新分類基準を選び出し、分類体系を確立した。
第4回南方熊楠賞(人文の部)
故 國分 直一 氏
 東アジアの民族文化の比較研究に取り組み、台湾などの各地の発掘調査で、多くの研究成果をあげた。
第5回南方熊楠賞(自然科学の部)
故 吉良 龍夫 氏
 森林の生態系について観測と実験、数理的解析を加えて研究。科学的根拠を通して自然保護の大切さを訴えた。
第5回南方熊楠賞(人文の部)
故 鶴見 和子 氏
 熊楠の博物学研究が地球規模で行われていたことに気づき、「地球志向の比較学」と題した論文を発表するなど、熊楠研究の新しい分野を切り拓いた。
第6回南方熊楠賞(自然科学の部)
竹内 郁夫 氏
 細胞性粘菌を用いた発生生物学研究の第一人者。肉眼では見えず、生活サイクルなどが未解明の細胞性粘菌を日本で初めて研究材料として取り上げて研究の基礎を確立、発生生物学研究に多大な功績を残した。
第7回南方熊楠賞(人文の部)
川添 登 氏
 建築評論家として活動する一方、在野の研究者として都市民を対象にした新しい民俗学の分野として「生活学」を提唱、体系化した。
第8回南方熊楠賞(自然科学の部)
四手井 綱英 氏
 森林植生分布や里山林の起源、森林での水と養分の循環や動物の役割など、創意に富んだ研究を発表し、すぐれた研究者を育てた。
第9回南方熊楠賞(人文の部)
加藤 九祚 氏
 シベリアや中央アジアなどのユーラシア内陸部全域にわたるフィールドワークをおこない、シベリアの民族に関する記録を古今東西の資料とつきあわせることによって、歴史民族学の新しい分野を開拓した。
第10回南方熊楠賞(人文の部)
上田 正昭 氏
 アジア、特に東アジアを視野に入れたスケールの大きな日本古代史の研究家。
文献史学をベースとしながら、国文学、考古学、民俗学などの研究成果も取り入れ、古代社会を多面的に研究され、とくにヤマト王権成立から律令体制成立期の権力構造の分析や宗教と信仰などを主とし、またその他、その鋭い人権感覚から在日朝鮮・韓国人や被差別部落の問題にも積極的にかかわり、その問題意識から、従来の学統を総合する独自の方法で研究を大成されている。
第10回南方熊楠賞(自然科学の部)
日高 敏隆 氏
 日本動物行動学のパイオニア。動物行動の生理学的・行動学的・社会学的基礎を確立した意義と貢献はきわめて大きいとの世界的評価を得ている。
第11回南方熊楠賞(自然科学の部)
青木 淳一 氏
 土壌中にすむダニの仲間の研究に半生を捧げ、日本に知られるササラダニの約半数を新種として記載。また、ダニの研究を通して環境評価や環境診断の基準の確立、日本土壌動物学の確立に大きく貢献し、各界からきわめて高い評価を受けている。
第12回南方熊楠賞(人文の部)
故 櫻井 徳太郎 氏
 青年期に柳田國男氏に師事し、その後民俗学諸分野にわたる幅広い研究を手がける。
 殊に民俗宗教の分野では、民俗宗教の社会基盤を追究しての論究は学問的論争を起 こし、日本の学会でのシャーマニズム研究展開の軸となる業績が高く評価を得ている。
 受賞に際し、「日本民俗文化の特質を抽出するには、少なくとも周辺民族との比較が必要で、南方学の成果を貪り吸収した」とのコメントを寄せられた。
第13回南方熊楠賞(自然科学の部)
本郷 次雄 氏
 1945年(昭和20年)当時、正確な同定が困難であったハラタケ目のキノコの種の特徴を正確に把握し、以来、今日まで200種を越える新種を記載するとともに、それを上回る数の日本新記録の新産種を報告しつづけてきた。また、その研究成果は「原色日本菌類図鑑」などで紹介され、これらの著作が日本産キノコ類の紹介に果たした功績は限りなく大きい。
第14回南方熊楠賞(人文の部)
故 佐々木 高明 氏
 東南アジアや東アジアなどの諸国の現地調査を通して、日本人とそのアイデンティティの基礎にある日本文化の形成過程を、「稲作文化」をはじめ「照葉樹林文化」や「ナラ林文化」などの大きな文化類型を設定することにより、さまざまな形で跡づけられた。
 また、国立民族学博物館の創設に尽力され、その後も同館館長として民族学資料の収集と研究成果を、国内はもとより広く世界に発信し、日本における民族学研究の指導的役割を果たされた。
第15回南方熊楠賞(自然科学の部)
柴岡 弘郎 氏
 植物生理学、細胞生物学が専門。高校生の時の「向日葵は本当に廻るのか」という素朴な疑問がきっかけで植物学の世界に進まれ、「植物はどのようにして生長するのか」という最も基本的な現象のメカニズムを研究され、生理活性物質と植物ホルモンの相互作用により制御されることを解明された。常に時代を先取りする世界的な研究業績によって植物の生長生理学分野を牽引されてこられた。
第16回南方熊楠賞(人文の部)
故 岩田 慶治 氏
 1957年以来四半世紀にわたり東南アジアの稲作民族を調査、日本との比較民族学研究を行い、アニミズムの再考を提唱された文化人類学者、人文地理学者。積年のアニミズム研究から、人間にとって必要な根源的な宗教感覚ないしは宗教性を、現代に甦らせた独創的思想家で、岩田学なる独自の学問体系を確立された。
第17回南方熊楠賞(自然科学の部)
伊藤 嘉昭 氏
 生態学や社会生物学が始動しはじめた時代に、それらの学問をいち早く取り入れ、先駆的な業績を公表し、それを一般に広く紹介した。特に、沖縄のウリミバエ対策事業にかかわり、不妊化オスの放飼による防除計画を策定、実行し、沖縄でのウリミバエの根絶に成功された業績は、生態学が社会に貢献した例として世界的にも高い評価を受けている。また、生態学者の視点と純粋な正義感から、米軍によるベトナムでの枯葉剤使用に対する反対声明や沖縄やんばるの森の自然保護活動など、常に自然保護運動に尽くされた。
第18回南方熊楠賞(人文の部)
伊藤 幹治 氏 氏
 丹念なフィールドワークと膨大な文献による理論研究により、日本という国の民俗文化を集中的に研究する民俗学(フォクロアー)と世界の諸民族の社会や文化の比較研究を行う民族学(エスノロジー)という二つのミンゾク学の統合の中から新しい日本人・日本文化論の構築された。
 それは二つのミンゾク学の交流の原点に位置し、実地調査と文献研究によりその研究を展開させてきた南方熊楠の学問研究の特質と軌を一にするものと、高く評価された。
第19回南方熊楠賞(自然科学の部)
堀田 満 氏
 草創期の植物分類学の気概と伝統を継承しえている最後の植物学者の一人。
 氏の植物分類学の研究はサトイモ科から始まり、数々の分類を手がけられるともに植物の分布形成過程を究明した植物地理学上の功績は高く評価されている。人とイモの関係に関する民族植物学の視点からの論考は、照葉樹林文化論にも大きな影響を与えた。
 また、採集された植物標本は約7万点に及び、これらの標本を背景にした植物の多様性に関する圧倒的な知識に基づき、現在もなお、植物をこよなく愛し、植物を求めて各地を精力的に歩きまわり、その保護に心血を注ぐ姿は、南方熊楠翁の足跡を偲ばせる。
第20回南方熊楠賞(人文の部)
山折 哲雄 氏
 インドをはじめ、アジアや欧米の宗教思想史の研究を背景にして、日本の民俗文化や日本人の心の問題を広く深く考察し、その考究の深みの中から、日本人の心の問題の未来を見据えた上で、大きなスケールで情報を発信しようとしている。その研究は、欧米の思想を十分に咀嚼し、きわめて広い視野から、日本の民俗文化について考察を加え、日本人のもつ神々の問題や世界観の問題の解明に、旺盛な研究意欲をもって迫ろうとした南方熊楠の研究と通底するところが少なくない。
第21回南方熊楠賞(自然科学の部)
河野 昭一 氏
 「種生物学研究会」(のちに「種生物学会」に改称)を立ち上げ、数多くの研究者を育て上げるとともに、機関紙「種生物学研究」「Plant Species Biology」を刊行し、植物の種生物学の発展に大いに寄与した。また、日本生態学会自然保護専門委員会委員、国際自然保護連合生態系管理委員会・北東アジア担当副委員長、NPO法人地球環境大学理事長、日本の天然林を救う全国連絡会議代表などとして、日本の自然、特に中池見湿原の保護、各地の国有林における不法伐採の摘発と保護等に大活躍している。その様子は神社合祀に反対し、活動した南方熊楠翁を髣髴とさせるものである。
第22回南方熊楠賞(人文の部)
故 森 浩一 氏
 「考古学は地域に元気を与える学問でなければならない」と主張、研究成果を社会に還元するために労力を惜しむべきではないと、メディアへの対応をいとわないなど、調査研究の優れた業績だけではなく、執筆、講演、シンポジウムの企画立案など多彩な啓蒙活動や遺跡保存への働きかけは熊楠翁の生きざまに通じるものがある。
第23回南方熊楠賞(自然科学の部)
杉山 純多 氏
 フィールドから分子にまで及ぶ幅広い研究を続け、菌類の多様な形態に着目するとともに、環境に応じて変幻自在に変化する菌類について、分子的解析手段を導入してその実体を明らかにし、菌類という生物の生き方の謎の解明に大きな前進をもたらした。 このことは、熊楠翁の抱いていた菌類(変形菌類)の謎の解明につながるものである。
第24回南方熊楠賞(人文の部)
石毛 直道 氏
 食文化研究のパイオニアで、これまで学術的な研究対象となりにくかった「料理」を、それを創作し伝えている人たちの歴史、習俗、暮らし、自然環境などを網羅した生活体系の一つの「食文化」として捉え、人類史的な視野での比較文明論の主要素であることを提示した。未知の食文化を求めて世界各地を訪れ、豊富なデータを集め続けた学問への姿勢は、身近に生息する粘菌を探し求め、世界的学者になった熊楠翁に通じるものがある。
第25回南方熊楠賞(自然科学の部)
井上 勲 氏
 学生時代から一貫して、微細藻類の系統分類学的研究を行い、また「藻類画像データ」をインターネット上に公開して、多様な藻類の世界についての新しい知識を学界・社会に普及させるなど、学術的意義ばかりでなく、啓蒙的な価値の高い研究も行っている。細胞生物学から分類学に及ぶ幅広い研究により、現代的な博物学ともいえる藻類学の分野を推進した業績は顕著であり、南方熊楠翁の博物学を髣髴とさせるものである。
第26回南方熊楠賞(人文の部)
中沢 新一 氏 氏
宗教学を足掛かりとして、人類学や民俗学のフィールドにも歩みを進め、現在
は対称性人類学と呼称される領域を提示しており、従来の学問の枠組みにとら
われない研究成果を実現している。特に、独自のアート感覚あふれるフィール
ドワークの手法を用いる「アースダイバー」は、注目すべき取り組みである。
思想アートとでも評すべきこの取り組みは、現代人にとって新しい知見と感性
を切り開く可能性をもっていると思われる。中沢氏の独創性とトリックスター
的な役割は、人文学のみならず、多くの分野に影響を与えた。
過去歴代南方熊楠特別賞一覧へ
【HOME】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED