バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース2月NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(3月)(4月)(5月)
=休館日
お知らせ
第36回月例展 熊楠とゆかりの人びと第19回「音窪熊助」
会期:平成25年6月8日(土)〜7月7日(日)
田辺市の山村地域である中辺路町高原や平瀬に住み、農林業などに従事しながら、珍しいスミレやコケなど貴重な生物を採取し、それらを長年にわたって南方熊楠に送り届けた音窪熊助。南方熊楠の信頼も厚く、訪問客のほとんどを追い返す南方家で、熊助が来訪した時には熊楠自身が出迎えたといわれています。
熊楠からの手紙の内容などをパネル化するとともに、当時の手紙や熊助が届けたスミレと同種の標本、熊助が採取したスミレについて牧野富太郎の鑑定書など関連の資料展示を行い、南方熊楠と音窪熊助との関係をご紹介いたします。
■展示内容
◆山林づくりの先駆者・音窪熊助と音窪山
◆熊助と熊楠の出会い・交流
◆熊助が発見した果実ミヅゴケ(キシウミヅゴケ)や日本初の「ヂアステル・ミケリアヌス」
◆その他の交流
■展示・掲載予定資料
◇南方熊楠書簡・葉書(音窪家蔵)
◇南方熊楠自筆日記
◇南方熊楠所蔵植物標本
◇画像“キシウミヅゴケ”
◇雑誌『動物文学』昭和12年3月号
◇南方熊楠宛宇井縫蔵書簡
◇牧野富太郎による植物鑑定書
◇関連図書など
■説明会
●日時 6月22日(土)・7月7日(日)両日とも14時〜
●講師 浜岸宏一(南方熊楠顕彰館館長)
■人物紹介
◇音窪熊助(おとくぼ・くますけ)
明治6(1873)年、現田辺市中辺路町大内川に生まれる。明治末期二川村高原(現田辺市中辺路町高原)で宿屋を営み、同地で発見の珍しいスミレを届けて南方に知られる。その後富里村平瀬(現田辺市平瀬)に住み、農業に従事するかたわら、山林経営にあたる。変った植物が目に止れば南方邸へ送付し、時には持参した。昭和39(1964)年、92歳で死去。
※〔紀南文化財研究会編『改訂南方熊楠書簡集』(平成20年3月)〕より
会期 2013年6月8日(土)〜2013年7月7日(日)
時間 10:00〜17:00(最終入館16:30)
会場 南方熊楠顕彰館
休館日 6/10(月)・11(火)・17(月)・24(月)・25(火)・7/1(月)
入館料 無料
【BACK】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED