バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース2月NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(3月)(4月)(5月)
=休館日
お知らせ
第34回月例展 熊楠とゆかりの人びと 第17回『フレデリック・V・ディキンズ』
『方丈記』800年記念
 西暦2012年の今年は、鎌倉時代の歌人で出家した鴨長明(1155?〜1216)が「方丈記」を執筆してちょうど800年となる節目の年にあたります。鎌倉時代の1212年3月29日頃に、都の東南、宇治に近い日野の山中にある方丈の庵で、「方丈記」は書き終えられたのでした。
 失意のうちにロンドンから帰国し、那智山中の隠花植物採集に日々を送っていた熊楠が、ロンドン大学事務総局局長の職を辞したばかりのフレデリック・V・ディキンズに協力する形で「方丈記」の英訳を始めたのは、1903年の6月のことでした。やがてこの翻訳は、両名の名前併記の形で「王立アジア協会会報」(1905年4月)に「12世紀の日本のソロー」と題して掲載され、また1907年にはこんどはディキンズの単独名で、ゴワンズ社からインターナショナルライブラリーの第15冊として、「方丈記:10フィート四方の小屋の記録」との題名で出版されることになるのですが、顕彰館には現存する経緯についてはよくわからないながら、熊楠がディキンズに送った24ページ分の訳稿のちょうど半分に相当する罫線ノート紙使用のインク書き草稿が残されています。
 那智隠棲の日々、熊楠がどんな思いで「方丈記」の英訳を綴っていたのか・・・今秋は月例展「南方熊楠とゆかりの人びと」の第17回として、この「方丈記英訳草稿」を中心に、フレデリック・V・ディキンズを取り上げます。
■開催期間
 平成24年10月6日(土)〜11月4日(日)
■会場
 南方熊楠顕彰館1階
■内容
 第一部 ディキンズとの交遊
     ディキンズについて、南方熊楠との交流について
      ※ディキンズの写真や南方熊楠宛書簡の展示・解説
 第二部 方丈記
     方丈記について、南方熊楠・ディキンズの共訳について
      ※『方丈記』複製本や方丈庵、熊楠の原稿などを展示・解説
■休館日
 ホームページの休館日カレンダーをご参照下さい。
■その他
 入場無料
■シンポジウム
 南方熊楠と『方丈記』
  〜その訳稿からみるディキンズ交遊と那智隠棲〜

 ●日時 10月27日(土) 14:00〜16:00
 ●場所 南方熊楠顕彰館
 ●内容 講演「鴨長明と方丈記」
        千本英史(奈良女子大学教授)
       講演「F・V・ディキンズと日本文学」
        岩上はる子(滋賀大学教授)
       講演「ディキンズと熊楠」
        松居竜五(龍谷大学教授)
       パネルディスカッション
 ●入場  無料
【BACK】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED