バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース2月NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(3月)(4月)(5月)
=休館日
お知らせ
第33回月例展 熊楠とゆかりの人びと 第16回 喜多幅武三郎
喜多幅武三郎(きたはば・たけさぶろう)
 田辺市在住の医師。明治元(1868)年田辺生まれ。明治16(1883)年、和歌山中学校を卒業。その後府立医学校(現京都府立医科大学)の眼科を経て、東京帝国大学医科大学産婦人科選科を卒業する。明治26(1893)年4月から田辺町の今福町で開業。明治37(1904)年12月から1年余り日赤の救護医員として陸軍病院船に乗って傷病者の救護にあたり、任務を終えてからは田辺に戻り医業を再開する。田辺中学校の校医としても有名で明治39年(1906)から昭和14(1939)年までその任務を果たした。
 また長く地方の産婆看護婦養成所を自宅に開設した。
 熊楠が田辺にやって来て、借屋住まいをしながら、遂には闘雞神社の社司田村宗造の四女松枝と結婚するに至るのも、全て喜多幅が田辺の地で医院を開業していたことと深い関わりを持っている。熊楠の結婚の媒酌人は喜多幅夫妻がつとめた。昭和16(1941)年3月10日逝去(73才)。
■開催期間
平成24年6月9日(土)〜平成24年7月8日(日)
■会場
南方熊楠顕彰館1階
■内容
・熊楠の知友にて一番古き貴君: 喜多幅武三郎
・熊楠の結婚の媒酌人は喜多幅夫妻がつとめた
・喜多幅武三郎と熊楠の往き来
・喜多幅の死と高山寺の墓地
■展示資料
喜多幅武三郎・葉書【来簡1487】
喜多幅武三郎・葉書【来簡1489】
喜多幅武三郎宛・封書【書簡0594】
喜多幅武三郎・封書【来簡1488】
喜多幅武三郎・封書【来簡1491】
喜多幅先生剖見記録【来簡1491】
熊楠賛「家父華甲図」【自筆560】
喜多幅家来簡【喜多幅家蔵】
喜多幅家来簡【喜多幅家蔵】
喜多幅家来簡【喜多幅家蔵】
短冊【喜多幅家蔵】
万年筆【喜多幅家蔵】
体温計・ケース喜多幅家蔵】
天秤はかり・ケース【喜多幅家蔵】
分銅・分銅台【喜多幅家蔵】
木箱「めしの種 命の基」【喜多幅家蔵】
医師免状【喜多幅家蔵】
履歴書【喜多幅家蔵】
胸像説明文コピー【喜多幅家蔵】
胸像会計報告【喜多幅家蔵】
胸像寄付者一覧【喜多幅家蔵】
※変更する場合があります
■説明会
平成24年6月17日(日)・6月30日(土) 両日とも午後2時より
講師:浜岸宏一(南方熊楠顕彰館館長)
■休館日
ホームページの休館日カレンダーをご参照下さい。
【BACK】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED