バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース2月NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(3月)(4月)(5月)
=休館日
お知らせ
第7回月例展(終了)
テーマは12、1月の熊楠
    ・柳田國男が熊楠を訪問する。
    ・年末年始の南方家
 日本民俗学の草創期に、その学問の確立に大きな意味を持つ柳田と熊楠の出会いやその後の書簡のやりとりについて、当館所蔵の書簡や、熊楠の日記、熊楠が寄稿した雑誌などを写真パネルや解説パネルにより展示しています。また、南方家の年末年始の様子を熊楠の日記や届いた年賀状を写真パネルにして展示しています。
柳田からの書簡(明治44年3月19日付)
展示パネルの紹介
 柳田から南方への最初の書簡。東京人類学会雑誌に掲載された南方の『山神「オコゼ」魚を好むと云ふ事』を見て、柳田が送ったこの手紙が、往復書簡の発端となった。
柳田國男
 日本の民俗学を学問として構築した。農政学を学んだ、のち民俗学者となる。
 『遠野物語』等多数の著書がある。
熊楠
 明治44年9月29日付の書簡に同封し柳田國男に送った写真。
『郷土研究』第3巻第12号
 『郷土研究』は大正2(1913)年3月、柳田國男と高木敏雄によって創刊された。(中略)
 『郷土研究』は、実は柳田と熊楠の、二人のための舞台であった。これは明治44年3月19日からはじまる柳田と熊楠の「往復書簡」と一対の作品である。
『南方熊楠を知る事典』より
 この第三巻第十二号には、熊楠の「鳴かぬ蛙」が掲載されている。
熊楠の日記(昭和5年1月1日)
 南方家には、毎年多くの人が年始の挨拶に訪れ、熊楠は挨拶に来た人の名前を日記に書き留めている。
担当
浜岸宏一
開催期間 2007年1月11日(木)〜2月11日(日)
開催時間 午前10:00〜午後5:00 (入館は午後4:30迄)
 休館日(月曜日、第2,4火曜日)はご覧いただけません。
【BACK】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED