バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース5月
取材申込
取材をご希望の方へNEW!
くまぐす募金
寄付者ご芳名NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
=休館日
お知らせ
第43回月例展 熊楠とゆかりの人びと第26回 中村古峡
会期:2016年2月6日(土)〜3月13日(日)
南方熊楠とつながりがあった人物をとりあげ、その人物の生涯や業績、熊楠との関係などを紹介する展示を行います。今回は、夏目漱石門下の作家であり、文学活動をしながら精神医学を学び、日本精神医学会を設立した「中村古峡」をご紹介いたします。中村は、南方熊楠の論考を出版するために尽力しました。
今回の企画展に合わせて千葉の中村古峡記念病院から寄贈された熊楠の手紙をはじめ、熊楠も寄稿した雑誌『変態心理』等の貴重資料から両者の交流を読み解きます。
■人物紹介
 本名、蓊(しげる)。奈良県出身。東京帝国大学文学科卒業。漱石の薫陶を受けて文学の道へ進む。代表作は精神疾患についての自伝的小説である『殻』。熊楠との縁は共通の知人であった杉村楚人冠らの仲介による。その後、作家から精神医学の世界へ転身した古峡だが、自ら設立した日本精神医学会の機関紙『変態心理』発行の勢いをかって出版業への進出を企図。熊楠が雑誌『太陽』に寄稿していた随筆をまとめて出版すべく交渉を進めた。この企画こそ、後に熊楠の代表作となる「十二支考」の原型である。しかし、双方の事情で出版計画はとん挫、版権は古峡が買い取り、以降、多くの出版者が古峡と版権譲渡の交渉を重ねることになる。1928(昭和3)年、古峡は医師免許を取得、1934(昭和9)年、千葉市内に中村古峡療養所(現中村古峡記念病院)を開設し精神科医として活動した。
■展示・掲載予定資料
 ○南方宛中村古峡書簡
 ○中村宛南方熊楠書簡(平成28年1月受贈)
 ○その他関連資料
■説明会
2月6日(土)14時〜 講師 安田忠典(関西大学准教授)
■協力
中村古峡記念病院
会期 2月6日(土)〜3月13日(日)
時間 10:00〜16:30(最終入館)
会場 南方熊楠顕彰館
休館日 2月1日(月)、8日(月)〜15日(月)、22日(月)、23日(火)、29日(月)
入場料 無料
【BACK】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED