バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース2月NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(3月)(4月)(5月)
=休館日
南方熊楠賞
第26回南方熊楠賞【人文の部】選考報告
人文の部選考委員会
委員長松澤 員子
第26回南方熊楠賞人文の部は、候補者としてあげられた6名の中から慎重に審議した結果、南方熊楠賞の受賞者に中沢新一氏を選考した。
 第26回南方熊楠賞選考委員会は、幅広い分野で活躍を続ける中沢新一氏を選んだ。中沢氏は、1950年に山梨県で生まれ、東京大学文学部宗教学科を卒業。その後、東京大学大学院人文科学研究科宗教学の修士課程・博士課程へと進んだ。中央大学教授、多摩美術大学教授を経て、現在は明治大学教授・野生の科学研究所所長に着任し、活動を続けている。
 中沢氏は、著作『チベットのモーツァルト』(せりか書房、1983年)を発表して、1980年代にはニューアカデミズムの若き旗手として一世を風靡するとともに、宗教学という分野を世に知らしめる役割を果たしたと言える。『森のバロック』(せりか書房、1992年)で南方熊楠について語り、『フィロソフィア・ヤポニカ』(集英社、2001年)では西田幾多郎・田辺元を語るなど、日本特有の思想・哲学についても深く探求した事績をもつ。さらに、『カイエ・ソバージュ』(T〜X、講談社選書メチエ、2002年〜 2004年)の一連の著作では、人類規模の巨視的で独創的な思想を展開し、高い評価を得た。その一方で、ジュリア・クリスティバやクロード・レヴィ=ストロースなどの著作を翻訳し、国内の思想研究にも大きく寄与している。
 宗教学を足掛かりとして、人類学や民俗学のフィールドにも歩みを進め、現在は対称性人類学と呼称される領域を提示しており、従来の学問の枠組みにとらわれない研究成果を実現している。特に、独自のアート感覚あふれるフィールドワークの手法を用いる「アースダイバー」は、注目すべき取り組みである。中沢氏は、『アースダイバー』(講談社、2005年)、『大阪アースダイバー』(講談社、2012年)を世に出しており、現在は『週刊現代』にて「アースダイバー 神社編」を連載中である。「神社編」では、諏訪大社の深層や対馬神道へと迫る考察を続けており、平成28年からは倭人系海人への言及が始まった。思想アートとでも評すべきこの取り組みは、現代人にとって新しい知見と感性を切り開く可能性をもっていると思われる。
 中沢氏の独創性とトリックスター的な役割は、人文学のみならず、多くの分野に影響を与えた。中でも今回は「アースダイバー」に関する一連の研究が受賞の大きな要因となった。また、選考会においては、民俗学の本質についても的確に把握している姿勢を評価する意見も出た。
 中沢氏は、『チベットのモーツァルト』でサントリー学芸賞、『森のバロック』で読売文学賞、『哲学の東北』で斎藤緑雨賞、『フィロソフィア・ヤポニカ』で伊藤整文学賞、『対称性人類学』で小林秀雄賞、『アースダイバー』で桑原武夫学芸賞と、数多くの受賞歴がある。しかし、今回の南方熊楠賞の受賞は、各別の思いがあるのではないかと推察する。中沢氏は以前から熊野に対して深い敬意をもって発言を繰り返しており、南方熊楠への憧憬も吐露している。そのためか、今回は選考委員の意見がまとまるのも早かった。
 以上により、同氏を第26回南方熊楠賞受賞者に選考した。

【BACK】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED