ホーム » お知らせ » 講演会「十二支考<鼠>談義」

講演会「十二支考<鼠>談義」

2020年1月5日(日)、南方熊楠顕彰館にて講演会「十二支考<鼠>談義」を行います。
現在開催中の企画展に関連した、展示担当者による講演会です。
新しい子年の初めに、熊楠が書き遺した<鼠>論考をのぞいてみませんか。
皆さまのご来館、心よりお待ちしております。

新春吉例「十二支考」輪読 企画展「十二支考<鼠>談義」関連イベント
熊楠をもっと知ろう!シリーズ第46回
講演会 「十二支考<鼠>談義」

日時:2020年1月5日(日) 14:00~16:00(予定)
会場:南方熊楠顕彰館 1階 学習室
※定員60名程度(申込不要/聴講無料)

内容
■<鼠>の抱えたフクザツな事情 ―「十二支考」<鼠>の原稿・草稿類―

   一條 宣好 氏(敷島書房店主)
■熊楠の見た世界の<鼠>信仰 ―インドを中心に―
   ゴウランガ チャラン プラダン 氏(国際日本文化研究センター研究員)
■南方熊楠の昔話研究 ―「鼠の嫁入り」を例として―
   一條 宣好 氏(敷島書房店主)
■熊楠の見た鼠の文学
   伊藤 慎吾 氏(国際日本文化研究センター客員准教授)
■熊楠とネズミ
   土永 知子 氏(南方熊楠顕彰会学術部委員)
■質疑応答

司会・進行:伊藤 慎吾 氏